女性男性型脱毛(FAGA症状)とは?

女性男性型脱毛(FAGA症状)とは?

 

 

最近は、女性男性型脱毛であるFAGA症状の患者が増えています。
女性のAGAをFAGAと呼んでいて、男性のAGAとは区別しています。
AGAとFAGAでは、脱毛のパターンが異なるからです

 

男性のAGAは、頭頂部と髪の生え際が薄くなりますが、女性のFAGAは、頭髪が弱まって全体的に薄くなる特徴があります。
AGAは進行性なのですが、FAGAはそうではなく、女性ホルモンが減少してホルモンバランスが乱れることで起きます。
そのため、女性ホルモンを増やす食材を摂り、ストレスを減らす生活習慣を心がければ、改善することができます。

 

女性のFAGAが発症するのは、女性にも男性ホルモンがあるからです。
女性の体内にも男性ホルモンはあり、毛髪に影響を及ぼすメカニズムは、男性と同じなのです。

 

実は、女性ホルモンのエストロゲンの量を見てみると、閉経後の女性は18pg/ml以下です。
一方男性は常に20〜60pg/mlと、男性のほうが女性ホルモンを持っているんです。

 

女性ホルモンの減少がFAGAの要因であり、早い人では35歳前後から女性ホルモンの分泌量が減少してくるので、注意しないといけません。
ただ、男性のAGAと比べて、進行は非常に緩やかなので、ほとんど気にはなりません。

 

 

 

マイナチュレの詳しい情報はこちら