閉経前の30代から現れるFAGA症状

閉経前の30代から現れるFAGA症状

閉経前の30代から現れるのがFAGA症状といわれています。
女性は30代後半になると、エストロゲンの分泌量が減少するからです
その結果、抜け毛や薄毛などの髪の毛の変化が生じることになります。

 

髪の毛にも老化はあり、それは女性ホルモンの分泌量に関係しています。
FAGAというのは、閉経後の女性がなりやすい脱毛症で、額の生え際が薄くなってしまう症状になります。

 

基本的に、閉経後のホルモンバランスの急激な変化によってFAGAになるのですが、閉経していない30代の女性にも症状としてよく現れます。
閉経前の30代から現れるFAGA症状は、これまで見られなかった、側頭部の髪の毛まで薄くなることもあります。

 

女性の場合、ロングヘアが多いので、症状に気づかないケースも多いのですが、油断は禁物です。
閉経前の30代からFAGA症状が出てしまうのは、エストロゲンという女性ホルモンが減少するからで、女性ホルモンの分泌量のピークは20代後半で30代になると次第に減ってきます。

 

30代前半は女性ホルモンがまだ十分に分泌されているのですが、30代後半になると、女性ホルモンのバランスが崩れてきて、健康的な髪の毛をキープできなくなるのです。

 

 

 

 

 

マイナチュレの詳しい情報はこちら