FAGA女性男性型脱毛症

最近増えているFAGA(女性男性型脱毛症)の原因と対策

 
FAGAっていうフレーズを最近耳にしたことはありませんか?

 

FAGAは近年注目を集めるようになってきた女性の薄毛症状の名称です。
特に中高年女性でこのFAGAに悩む人が急増しています。中高年女性の薄毛対策を考えるなら、このFAGA対策を避けて通ることはできませんよ。

 

もしあなたが40代・50代で薄毛に悩んでいるなら、その原因はこのFAGAかもしれません。

 

今回の記事では、最近注目を集めるようになったFAGAという薄毛症状について、ご紹介します。

 

 

 

FAGAとは?

 

 

FAGAの正式名称は「女性男性型脱毛症」。
名前で分かる通り「女性」が発症する「男性型脱毛症」っていう意味です。

 

男性型脱毛症っていうのは、世の中のハゲ男性の90%以上が悩んでいる薄毛症状です。
ハゲの男性が、サザエさんの波平さんみたいなてっぺんハゲタイプか、前髪がどんどん後退する生え際ハゲタイプの2つに分かれるのは、何となくあなたも経験上分かると思います。

 

この2つのパターンのハゲ方をしている人は、ほぼ間違いなく男性型脱毛症です。

 

ちなみに、FAGAも男性型脱毛症と同じメカニズムで発生します。
でも、女性の場合は男性ほど薄毛症状が激しくないため、ハゲ上がってしまうことはまずありません
ただ、全体的に髪の毛が薄くなってボリュームが無くなったり、分け目が目立つようにはなるかも。

 

若いうちはFAGAが原因で薄毛になることは滅多にないです。
でも、40代、50代と年齢を重ねていくと、FAGAの薄毛症状が出る可能性がどんどん高くなっていきます。

 

40代、50代で髪の毛が薄くなってきたあなた、まずはFAGAの影響を疑ってみましょう。

 

 

 

FAGAの原因は・・・

 

さきほどFAGAは男性型脱毛症と同じメカニズムで発生するお伝えしました。

 

男性型脱毛症が発生する原因は、男性ホルモンの「テストステロン」が活性化することです。
FAGAも同じで、男性ホルモンの「テストステロン」の活性化によって、その症状が引き起こされます

 

これを聞いて、あなたは「女性なのに男性ホルモン?」と不思議に思ってませんか?
実は女性の体にも男性の約1/20程度の量ですが、男性ホルモンが分泌されてます。

 

ただ、男性ホルモンと女性ホルモンというのは相対的な関係にあります。
相対的な関係というのはどっちかのホルモンが強く働いていると、もう一つのホルモンの働きは抑えられるという意味です。

 

例えば、若い10代、20代の女性の体内では、女性ホルモンはどんどん分泌されています。
そのため、体内にわずかに存在する男性ホルモンは、その存在感を全く発揮することも出来ず、働きを抑え込まれています。

 

ただし、女性ホルモンの分泌のピークは20代後半です。
そこから30代、40代、50代と年を重ねるにつれて、その分泌量はどんどん減っていきます。
こうなってくると、今まで抑えられていた男性ホルモンもその働きを活性化させるようになります。

 

活性化した男性ホルモンのテストステロンは、体内に存在する5αリダクターゼという酵素とくっつき始めます。
5αリダクターゼとくっつくと、テストステロンはDHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変化します。

 

このDHTこそがFAGAの薄毛症状を引き起こす原因物質です

 

体内で生み出されたDHTは毛乳頭細胞と呼ばれる細胞とくっつきます。
ちなみに、毛乳頭細胞は髪の毛を作る毛母細胞に「髪の毛を作れ!」という指令を与える役割を果たしています。
この毛乳頭細胞が「髪の毛を作れ!」という指令を積極的に出せば出すほど、毛母細胞はせっせっと髪の毛を作るようになります。

 

ところが、DHTが毛乳頭細胞とくっつくと、毛乳頭細胞はその働きを一変させます。
具体的には「髪の毛を作れ!」という指令ではなく、「髪の毛を抜けさせろ!」という全く反対の指令を出すようになります

 

これにより、髪の毛がどんどん抜け落ちてしまうのがFAGAです。

 

ただし、そうはいっても女性のFAGAの場合、テストステロン自体の量が少ないため、体内で生まれるDHTの量も少ししかありません。
そのため、男性型脱毛症よりも、その症状は緩やかです。

 

ただ、男性の頭を完全にハゲ上がらせるほど、激しい薄毛症状を生じるDHTによって引き起こされるのが、FAGAなので決して油断はできませんよ

 

 

 

FAGAに女性用育毛剤は効果があるのか?

 

では、FAGAの進行を抑えるためにはどうすればよいのか?
他の薄毛症状を抑える時のように育毛剤を使えばいいのでしょうか?
あなたはそんな疑問を抱いているかもしれませんね。

 

結論から言ってしまうと、女性用育毛剤を使えば、FAGAによる薄毛を抑える効果が期待できます

 

ただし、注意したいポイントが一つ。
それは女性用育毛剤の中でもFAGAを抑える効果を持った成分をきちんと配合している商品を選ぶことです。

 

男性用育毛剤の場合、男性型脱毛症を抑えるための成分が入ってないなんてことは、まず考えられません。

 

ただ、女性用育毛剤の場合、男性ほど薄毛症状が深刻でないためか、FAGA対策のための成分を配合していない商品も多くみられます。
特に1,000円〜2,000円代といった低価格帯の女性用育毛剤では、FAGA対策成分が入っていない商品も多くなります。

 

FAGAの症状を抑える成分を配合していないと、それ以外の成分が充実していても、FAGAが改善することはありません。
そのため、多少お金がかかってしまったとしても、きちんとFAGA対策成分が配合されている商品を選びましょう。

 

ここまで読んできたあなたは、「FAGA対策成分って何?」と疑問に思ってるかもしれませんね。
具体的に言うなら、FAGA対策成分は次の2つの働きを持つ成分のことです。

 

●女性ホルモンの働きを高める
●5αリダクターゼとテストステロンの結合を妨げる

 

要はFAGAの薄毛症状を進行させたくなければ、その原因となるDHTの生成を防いでしまえば良いということです。

 

まず、女性ホルモンの働きを高めるという点についてです。
テストステロンの働きを抑えたいなら、女性ホルモンの働きを高めてやるのが一番です。

 

先ほど少しお話しましたが、女性ホルモンと男性ホルモンは相対的な関係にあります。
そのため、女性ホルモンの働きを高めてやると、それがテストステロンの働きを抑制することにつながります。

 

このような女性ホルモンの働きを高める成分には、ヒオウギエキス、ダイズエキス、ホップエキスといったものがあります
これらの成分を配合している育毛剤としては、マイナチュレ、ラサーナ育毛剤、ベルタ育毛剤、デルメッドヘアエッセンスといった商品の名前が挙げられます。FAGAに悩んでいる女性はこれらの成分が配合されている育毛剤を使ってみましょう。

 

ただ、FAGAの発生メカニズムを考えるなら、テストステロンを抑えるだけでは不十分です。

 

5αリダクターゼとテストステロンの結合も防ぐことによって、はじめて完璧なFAGA対策が完成します。
具体的に言うと、育毛剤では5αリダクターゼの働きを阻害することによって、5αリダクターゼとテストステロンの結合を防いでいます。

 

ただ、この5αリダクターゼの働きを阻害する成分、男性用育毛剤には充実しているのですが、女性用育毛剤にはほぼ配合されていません。
なぜなら、FAGAは薄毛症状が緩やかなため、女性ホルモンの働きを高めるだけで、薄毛が改善してしまうことが多いためです。

 

ただし、完璧なFAGA対策を考えるのであれば、5αリダクターゼの働きを阻害する成分を配合する育毛剤を選ぶべきでしょう。
実はこの5αリダクターゼの働きを阻害する成分が配合されている女性用育毛剤が一つだけあります。

 

それがマイナチュレです。

 

マイナチュレにはオウゴンエキスという成分が配合されており、このオウゴンエキスに5αリダクターゼの働きを阻害する力が備わっています
このオウゴンエキスは男性用育毛剤でも豊富な育毛実績を誇る成分なので、安心して使うことができますね。

 

ここまで述べてきたとおり、FAGA対策には女性ホルモンの働きを高めること、5αリダクターゼの働きを阻害すること、この2つが非常に大切になります。
これを実現している育毛剤がマイナチュレです。

 

FAGAに悩む人はマイナチュレを使ってFAGA対策を進めることをおすすめします。

 

 

 

今回の記事ではFAGAの原因と対策と銘打って、FAGAについて細かく見てきました。FAGAについてまとめると次のようになります。

 

■FAGAでは全体に髪の毛が薄くなる症状が現れる
■FAGAは女性ホルモンの働きの弱まりがその引き金になる
■FAGA対策では女性ホルモンの働きを高め、5αリダクターゼの働きを阻害することが大切

 

本文中でもお伝えしましたが、FAGA対策ということで言えば、何といっても効果が期待できるのがマイナチュレです。
ここまで読んできて、「自分の薄毛の原因はFAGAかも?」と思い始めた人。

 

そんなあなたは、まずマイナチュレを試してみましょう。

 

 

>>>マイナチュレトップページへ