女性用育毛剤副作用

女性用育毛剤に副作用はないの?

髪に悩む女性

 
「女性用育毛剤を使ってみたいけど、副作用があるってホント?」、こんな質問を不安そうに尋ねられることがよくあります。

 

薄毛が進行していくのはつらいですが、かといって女性用育毛剤に副作用があるなら、それも不安ですよね。

 

今回は女性用育毛剤には副作用があるのか、その実態に迫ってみました。

 

 

 

「ミノキシジル」「フィナステリド」について

 

男性用育毛剤に配合される定番の育毛成分に、ミノキシジルとフィナステリドがあります。
この2つの育毛成分、どちらも高い発毛効果を持っています。

 

しかし、実は女性が服用した場合、かなり深刻な副作用が出ることもあるんです。
ここではミノキシジルとフィナステリドの副作用について、少しご紹介します。

 

 

 

注意!低血圧の人の症状を悪化させるミノキシジル

育毛診断士

 

さて、まずはミノキシジルについてです。

 

このミノキシジル、もともとは育毛剤では無く高血圧の治療薬として開発された成分です。
そのため、ミノキシジルには血圧を下げる副作用があります

 

女性には低血圧の人が多いため、この副作用の影響がもろに出る危険があります。

 

具体的には頭痛・立ち眩み・倦怠感といった症状が現れます。
もし、ミノキシジルを使っていてこのような症状が出た場合、直ちに服用をストップすることをおすすめします。

 

また、ミノキシジルは肌への刺激も強力で、女性よりも刺激に強い男性が使った場合でも頭皮が赤くなったり、かゆくなるといった副作用が出ることがあります。したがって、敏感肌の女性がミノキシジルを使用するのはおすすめできません

 

 

 

服用厳禁!フィナステリドの恐ろしい副作用とは…

育毛診断士

 

前の項目で紹介したミノキシジルですが、副作用があるとは言っても、ミノキシジルは一応女性へ処方することが許可されている成分です。
ただ、女性への処方自体が完全にNGとなっている成分もあるんです。

 

それがフィナステリド。

 

フィナステリドの女性への処方が禁止されている理由、それは女性が妊娠していた場合、赤ちゃんに障害が生じる危険性があるからです。
具体的には生殖器の成長に悪影響を及ぼすって言われていて、生まれた子供が将来性的不能になってしまう可能性があるんです

 

「私は妊娠中じゃないから大丈夫!」、そう思っていても若い女性ならいつ妊娠するか分かりません。
そのため、女性にフィナステリドを処方することは厳禁とされていて、女性のあなたがフィナステリドを手に入れる機会はまず無いはずです。

 

ただ、注意したいのはパートナーが薄毛に悩んでいて、フィナステリドを処方されている場合です。

 

実はフィナステリドは錠剤を持つだけでも、女性の体に吸収されてしまいます。
なので、女性はその錠剤に触れることすらご法度です。

 

もし妊娠中もしくは妊娠の可能性がある場合、パートナーにはフィナステリドの服用を止めてもらった方がよいでしょう

 

 

 

リアップリジェンヌの副作用について

リアップリジェンヌ

 

ミノキシジルが配合されているリアップジェンヌについての説明です。

 

女性への処方が禁止されているフィナステリドとは違って、ミノキシジルは市販の女性用育毛剤リアップジェンヌに配合されています。

 

男性用で最もミノキシジル配合濃度が高い「リアップx5」が5%濃度でミノキシジルが配合されているのに対して、リアップジェンヌのミノキシジル濃度は1%。
かなり配合濃度が抑えられています。
しかし、それでも女性の体には負担が大きく、下記のような副作用が出る危険性が報告されています

 

皮膚:頭皮の発疹・発赤*、かゆみ、かぶれ、ふけ、使用部位の熱感等
精神神経系:頭痛、気が遠くなる、めまい
循環器:胸の痛み、心拍が速くなる
代謝系:原因のわからない急激な体重増加、手足のむくみ
http://www.taisho.co.jp/riup/regenne/product/

 

ミノキシジルを配合しており、発毛効果には期待できますが、少しでも副作用に不安を感じている人は、リアップジェンヌを利用するべきではありません
不安を抱えながら育毛剤を使用することは、日々の生活でめっちゃストレスになります。

 

副作用が不安な人は、副作用が無くなおかつ効果が期待できる育毛剤もあるので、そちらの利用を検討しましょう。

 

 

 

無添加医薬部外品育毛剤のメリット

育毛診断士◯

 

ミノキシジル・フィナステリド以外にも、副作用を持つ育毛成分は存在しています。
そして、そのような成分を配合している育毛剤も残念ながらたくさんあるんです。

 

「副作用がある成分を含んでいる育毛剤なんて、とても怖くて使えない!」、そんな人も多いでしょう。
ただ、成分表を見て、一つ一つの成分について副作用の有無をチェックするなんてことはやってられないですよね。

 

では、どうすればよいのか?

 

そこで私がおすすめしたいのが無添加の育毛剤を使うことです

 

無添加というのは文字通り「添加物が一切入っていませんよ」という意味です。
添加物というのは育毛剤に配合されている育毛成分以外の成分です。

 

例えば、育毛剤の香りづけのために配合される香料、育毛液に色を付けるために配合される着色料、育毛剤の腐敗を防ぐために配合されるパラベンといったものがその代表です。

 

着色料・香料・パラベンといった成分は、頭皮に付着すると、体の免疫機能が外敵と誤解して攻撃を始めてしまうことがあります
こうなってしまうと、免疫の攻撃の影響で頭皮に炎症が発生してしまいます。

 

無添加の育毛剤にはこのような添加物によって引き起こされる副作用のリスクはありません。

 

さらに欲を言えば、配合成分が天然成分中心だと、なお安全性が高いです。

 

育毛成分には化学的に作り出された成分と天然の植物から抽出された成分があります。
そして、基本的に天然の成分から抽出された成分には副作用はありません。

 

そのため、どうしても女性用育毛剤の副作用が不安な人は「無添加」、「天然成分ベース」というこの2つの要素を満たす育毛剤を選べば、まず安心できます。

 

ちなみに、無添加かつ天然成分ベースという条件を満たす育毛剤としては、マイナチュレ、ミューノアージュ、ベルタ育毛剤、ハリモア、Kenomika(ケノミカ)といった名前を挙げることができます。

 

中でも、マイナチュレは敏感肌の人でも使えるほど、頭皮への刺激が抑えられています。

 

 

さらっとした使い心地で、タオルドライ後に頭皮をマッサージしながら使用しています。よくありがちなスーッとした感じやツンとした香りはありません。
http://www.cosme.net/product/product_id/10018150/reviews

 

可愛い容器に気になる匂いもなく使いやすいです。市販のシャンプーで、頭皮湿疹が良く出来るので不安もありましたが大丈夫でした。
http://www.cosme.net/product/product_id/10018150/reviews

 

育毛剤独特の、スーッとしたメンソールのような刺激がないんです。前髪の抜け毛も気になるので、その付近に付けたりすると、額のほうに垂れることがあり、今までの育毛剤だと刺激が気になったのですが、こちらは気になりません。
http://www.cosme.net/product/product_id/10018150/reviews

 

 

このようにインターネット上の口コミを見ても、肌への刺激が優しかったという声が多く、副作用が出たという声はほぼ皆無です。
育毛剤の副作用がどうしても心配なあなたにはマイナチュレをおすすめします。

 

育毛成功女性

 

今回の記事では女性用育毛剤の副作用について見てきました。

 

結論から言うと、女性用育毛剤に配合される成分には、副作用の危険性があるものもたくさんあります。
したがって、副作用が心配な人はそのような育毛剤を選ばないようにしましょう。

 

ただ、自分で副作用が無い育毛剤を見分ける自信が無い人は、無添加かつ天然成分ベースという条件を満たした女性用育毛剤を利用すれば、間違いありません。

 

育毛剤の副作用に不安を抱えているあなた、ぜひ参考にして下さい。

 

 

>>>マイナチュレトップページへ