マイナチュレ 医薬部外品

マイナチュレは医薬部外品だけど大丈夫?

マイナチュレ医薬部外品という取り扱いとなっています。

 

医薬部外品とは基本的に、概念的として医薬品と化粧品の中間に位置している製品となっています。
法律において薬事法第二条第二項に準じています。

 

この医薬部外品は効果として穏やかな薬理作用が認められている成分が配合されています

 

 

そして有効成分ということで有効成分として効果や効能を表示することができるものとなっています。
また医薬品とは違いますので、治療目的ではありません。

 

予防目的であったり皮膚等を清潔に保つことを目的としたものとなっております。
もちろん安心で安全な製品なんですね。

 

 

ですからマイナチュレを使用することによって表示されている効果や効能を期待することができるのです。
マイナチュレには3種類の育毛有効成分と27種類の天然植物由来成分が配合されています。

 

育毛効果のある有効成分が配合されていますので、育毛効果を期待することができます。

 

 

髪の毛が薄くなってしまったり最近抜け毛が多いと感じるあなたにお勧めすることができるヘアケア製品です。
口コミなどでも評価が高いのでぜひ試していただきたいです。

 

 

ほとんどの育毛剤は医薬部外品です

 

育毛剤として販売されている商品のほとんどは医薬部外品です。
発毛や育毛の治療目的で作られた医薬品はごく一部です。

 

医薬部外品育毛剤はあくまで間接的に頭皮や細胞に働きかけるもであって、直接的な効果があるものではありません。

 

そのため、育毛を促進したり抜け毛を予防するというような効果あるとしか書けないのです。

 

 

しかし、育毛に関しては日々いろいろな研究がされています。

 

たとえば、わさびに含まれる「イソサポナリン」を毛乳頭細胞に与えて培養すると、細胞の活性化作用は、発毛効果のある薬効成分ミノキシジルの約3倍であることが分かったり・・・

 

三石(ミツイシ)昆布から抽出されたマイナチュレの主成分M-034が、薄毛治療薬としても有名な「リアップ」の有効成分ミノキシジルとの比較実験で同等の効果があることが発見されたり・・・

 

しています。

 

 

日本において、医薬品として「新薬」を1つ開発するには、約10年〜20年もの時間と、多額の費用がかかると言われています。

 

そのため、実際に効果があっても「医薬部外品」や「化粧品」として販売される商品が多いのです。

 

また、厚生労働省の認可が出ていなくても育毛効果が出る成分はありますし、新しく発見されたばかりの成分だと認可までに時間が必要なので、数年後に認可される事もあるのです。

 

 

結論として、医薬部外品の育毛剤でもある程度の効果はあります。
むしろ、副作用を考慮するならば医薬部外品の方が安心して使えるのではないでしょうか?

 

合う、合わないの問題もありますので、できるだけ返金保証のある育毛剤を実際に半年ぐらい試してみる方法をオススメします。

 

 

 

マイナチュレの詳しい情報はこちら