マイナチュレ 楽天

髪の変化と女性ホルモンの関係とは

 

髪の変化と女性ホルモンには大いに関係があります。
女性の髪は、加齢により、次第にハリやコシがなくなり、ボリュームが少なくなってきます。
髪の毛1本1本が細くなってきます。

 

こうした髪の変化は、加齢によるもので、女性ホルモンの減少が関係しています。
女性ホルモンの減少が、すぐに薄毛に直結することはないのですが、
髪の成長に、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンが関わっています。

 

髪の毛の保持に重要な女性ホルモンと言われているのがエストロゲンなでのですが、
その分泌は20代がピークで、30代、40代になると徐々に減ってきます。
そして更年期に入ると、女性ホルモンは一気に下降しはじめます。

 

女性ホルモンのバランスが崩れると、髪にも大きな影響が表れてきます。
30代に入ると髪のうねりが出てきて、髪が乾燥しやすくなります。乾燥すると、指通りの悪い髪になります。
40代に入ると髪質が低下し、髪全体が細くなってきます。
閉経後は、明らかに髪質が変化し、60代に入ると、頭皮のかゆみや乾燥が加速します。
こうした髪の変化は、女性ホルモンの減少が関係しているのです。

 

しかし、マイナチュレはこのようなホルモンバランスの乱れが原因となっている抜け毛や薄毛にも効果があります。
マイナチュレは、ホルモンバランスの乱れから異常になったヘアサイクルを正常に戻し、
抜け毛や薄毛を改善することに着目して作られた育毛剤なのです。

 

このようなホルモンバランスの乱れによる抜け毛や薄毛には非常に効果の高い育毛剤です。