女性の薄毛・抜け毛の原因とは?

女性の薄毛・抜け毛の原因とは?

抜け毛女性

 

どんどん生え際が薄くなってくるんだけど、どうにかならないの…そんな悩みを抱えているあなた・・・
髪の毛が薄くなっていることに気づいたら、女性なら誰でも動揺しますよね。
私も経験あるんで、めっちゃ分かりますね。

 

でも、ただ悩んでいるだけでは髪の毛が生えてこないのも事実です。
まずやるべきことは薄毛の原因について知ることなのです。

 

自分の髪の毛がなぜ薄くなっているのか、その原因が分かったら、髪の毛を増やすための方法も見えてきますよ!

 

 

でも、この原因を把握するっていうのが意外に難しい…。
だって、女性の薄毛は本当に色々なことが原因になって引き起こされるのですから・・・

 

ただ、たくさんの女性の薄毛を見ていくと、女性が薄毛になる場合、基本的には5つのことが原因になると分かってきました。

 

今回紹介する5つの原因の中に、おそらくあなたの薄毛を引き起こしているものがあるはずです。
薄毛に悩むあなた、まずはこの記事をチェックしてみましょう。

 

 

 

女性ホルモンのバランスの乱れ

 

女性が男性よりも薄毛になりにくい理由の一つに女性ホルモンの存在を挙げることができます。

 

この女性ホルモンには女性らしい体を作る働きがあるんですけど、その中に髪の毛の成長を促進するっていうものがあります。
この女性ホルモンが髪の毛の成長を促進するため、女性は男性よりも薄毛に悩みにくいって特徴があります。

 

が、逆に言うなら、この女性ホルモンの働きが鈍ってしまったらどうでしょう?
その場合、女性でも男性のように薄毛に悩むことになります。

 

健康な女性であれば、しっかりと体内に女性ホルモンが分泌されています。
が、さまざまな要因でその分泌が乱れることがあります。

 

女性ホルモンの分泌が乱れると、それは女性ホルモンの働きの弱まりにつながってしまいます。
ここからは女性ホルモンのバランスを乱す原因についてチェックしていきます。

 

エストロゲン 

 

加齢による女性ホルモンの減少

 

あなたが40代・50代の女性で、その年代になって初めて薄毛に悩み始めたという場合、その原因はおそらく加齢によって女性ホルモンの分泌量が減ってしまった事です。

 

それで、女性ホルモンの分泌が減ると、発生するのがFAGAです。
このFAGAは女性ホルモンの分泌が減ったことで引き起こされる薄毛症状になります。

 

FAGAについての詳しい内容は下記の記事にまとめているので、参考にして下さい。

 

最近増えているFAGA(女性男性型脱毛症)の原因と対策:http://sterrentellen.nl/faga3/

 

出産で乱れる女性ホルモン

産後抜け毛女性

 

加齢で女性ホルモンの分泌が減少するのは仕方ない面があります。
でも、若い女性でも大きく体内の女性ホルモンのバランスが乱れることがあります。

 

その代表的な例が出産。

 

出産後に大量の抜け毛が発生するという現象はよく知られています。
こちらは妊娠中に大量に分泌されていた女性ホルモンが、出産後に一気に減少することが原因となって発生する薄毛症状になります。

 

この出産後に発生する薄毛や抜け毛については、下記の記事にまとめています。
ぜひ参考にして下さい。

 

産後の薄毛・抜け毛に最適な女性用育毛剤の選び方:http://sterrentellen.nl/sanngononukege2/

 

 

女性ホルモンのバランスを乱すピル

ピル女性

 

出産以外でも女性ホルモンのバランスが狂わせるものがあります。

 

例えば、避妊のためのピル使用です。

 

日本ではまだあんまりメジャーじゃないですけど、この避妊薬ピルには女性ホルモンが含まれています。
ピルを摂取することにより、人工的に女性ホルモンの量を増やすことになります。

 

 

ピルを飲んだ時点では髪の毛が生えてくることもあります。
なぜなら、体内において女性ホルモンの量が増えるからです。

 

ただ、ピルによって増加した女性ホルモンが減少すると、今度は抜け毛が増えます
これは出産の時と同じイメージだと考えてください。

 

女性ホルモンが多い時は髪の毛がぐんぐん成長しますが、その女性ホルモンの分泌量が減ると、一気にそれらの髪の毛が抜け落ちてしまうことに…

 

このように、ピルを服用する人は女性ホルモンが乱れがちになります。
そのため、女性ホルモンの乱れが原因となる薄毛に気を付ける必要があります。

 

 

 

生活習慣の乱れ

 

寝不足女性

 

薄毛の女性に話を聞くと、多くの女性に共通点があります。
それが生活習慣が乱れているってことです。

 

例えば、偏食だったり、外食ばっかり食べていたり、1日4〜5時間しか寝ていなかったり、昼夜逆転していたり…等々、内容は人それぞれですが、少なくとも規則正しい生活をしているという印象は受けません。

 

でも、これって育毛を考えた時には大問題なんです。
例えば、偏食で食べるものが偏っていたり、外食中心の形の食生活を送っていると、ほぼ間違いなく髪の毛をつくるために必要な栄養素が不足します。

 

 

あと、睡眠不足もダメ!なぜなら、眠っている間に髪の毛はぐんぐん成長するから・・・
睡眠時間には個人差があると思いますが、1日4〜5時間しか寝ていないっていうのは明らかに睡眠時間が少なすぎです。
これじゃあ、しっかりと髪の毛を作れっていう方が無理ありますよね。

 

 

ちなみに、このような生活習慣の乱れと薄毛の関係については、下記の記事でさらに詳しく解説しています。
ぜひ参考にして下さい。

 

30代の薄毛・抜け毛に最適な育毛剤の選び方:http://sterrentellen.nl/usuge30dai/

 

 

 

ストレス

ストレス女性

 

ストレス社会とも言われる現代社会、このストレス、健康面にさまざまな悪影響を与えますが、育毛にも実はかなりマイナスの影響を与えるんですね。

 

まず、ストレスが過剰になると、体内において血行が悪化することになります。

 

血液は栄養を細胞に届ける役割を果たしています。
なので、血行が悪化すると、手足の先や頭といった体の末端部分になかなか栄養が届かなくなります。

 

頭には髪の毛を作る細胞がたくさん存在します。
頭の血行が悪くなると、髪の毛を作る細胞に栄養がとどかなくなってしまいます
これも髪の毛が薄くなる原因になってしまいます。

 

ストレスと薄毛の関係については次の記事で詳しく解説しています。ぜひ参考にして下さい。

 

30代の薄毛・抜け毛に最適な育毛剤の選び方」:http://sterrentellen.nl/usuge30dai/

 

 

 

ダイエットの副作用

ダイエット女性

 

女性も年を重ねるにつれて、どんどん髪の毛が薄くなっていきます。
なので、40代・50代の女性の髪の毛が少し薄くなっていくのは、避けられないことでもあります。

 

が、10代や20代の若い女性が薄毛になるケースも実は結構多いんです。
これはちょっと話が変わってきますね。

 

 

ちなみに、若い女性の髪の毛が薄くなってきた場合、まず疑いたいのはダイエットです。
ダイエットによって髪の毛を作るのに必要な栄養が体内に不足すると、すぐ髪の毛が細くなって頭皮が透けてくるといった影響が出てきます。

 

ダイエットと薄毛の関係については、次の記事で詳しく解説しています。
ぜひチェックしてくださいね。

 

10代、20代の薄毛・抜け毛に最適な育毛剤の選び方:http://sterrentellen.nl/10dai20dasiusuge/

 

 

 

頭皮のダメージ

 

薄毛に悩んでいる女性の頭皮をチェックすると、健康な状態だってことは少ないですね。

 

みんな何かしらの頭皮の問題を抱えています。
頭皮に問題が出てしまうのは、頭皮にダメージを与えるような行動を繰り返しているからなのです。

 

では、具体的に頭皮にダメージを与える行動ってどんなものがあるのでしょうか?
ここでは女性の頭皮にダメージを与える原因について見ていきます。

 

 

パーマ・カラーリングによるダメージ

抜け毛女性

 

頭皮にダメージを与えるものの代表例が、パーマやカラーリングです。

 

若いのに薄毛に悩んでいるあなた。もしあなたがパーマをかけたり、髪の毛を染めているなら、それが薄毛の原因になってる可能性はかなり高いです。
パーマやカラーリングってたしかにおしゃれですが、実は頭皮にはシャレにならないようなダメージを与えることがあります。

 

パーマやカラーリングと薄毛の関係については次の記事を参照して下さい。

 

10代、20代の薄毛・抜け毛に最適な育毛剤の選び方:http://sterrentellen.nl/10dai20dasiusuge/

 

 

洗浄力の強すぎるシャンプーによるダメージ

髪が傷んだ女性

 

日々の生活で何気なく使っているヘアケア用品が頭皮にダメージを与えているケースもよくあります。具体的に言うと、シャンプーですね。

 

市販されているシャンプーの多くは非常に高い洗浄力を持っており、頭皮や髪の毛にくっついている汚れを根こそぎ洗い流してくれます。
汚れを根こそぎ洗い流せば、頭皮も清潔になるし、育毛にとってプラスになるような気がしますよね?

 

が、これは大きな間違いなんです。
実は洗浄力が強すぎるシャンプーは頭皮の状態を悪化させてしまう可能性大なのです。
シャンプーの洗浄力の強さは、育毛にとってはマイナスでしかありません。

 

 

じゃあ、なんで洗浄力が強いシャンプーを使うと、育毛にとってマイナスになるのか?
それは洗浄力が強いシャンプーは頭皮に分泌されている皮脂という脂を根こそぎ洗い流してしまうからです。

 

シャンプーのテレビコマーシャルで「○○の洗浄力が頭皮にこびりついた皮脂もしっかり洗い流す」といったフレーズを聞いたことがあると思います。
このようなテレビコマーシャルの影響で、皮脂はすっかり悪者のイメージがついてしまいました。

 

 

でも、実は皮脂ってそんなに悪い奴じゃないんです。
本当は皮脂は頭皮を守る役割をしている成分で、頭皮には欠かせないものなんですよ。

 

皮脂が頭皮に皮脂膜という膜を張ることにより、頭皮にうるおいを与えたり、細菌が体内に侵入してくるのを防いでいます。

 

なので、シャンプーで皮脂を根こそぎ洗い流してしまうと、頭皮を守ってくれる皮脂膜がなくなってしまいます
それによって、頭皮が乾燥したり、細菌が繁殖して頭皮が炎症することもあります。

 

したがって、育毛を考えるなら、むしろ逆に洗浄力が弱いシャンプーを選んだ方がいいってことは覚えておきましょう。

 

肌にやさしいアミノ酸系のシャンプーがおすすめです!

 

 

 

紫外線によるダメージ

紫外線女性

 

最後に頭皮にダメージを与える原因として紹介しておきたいのが、紫外線です。
特にアウトドアでの活動を好むあなたはこの紫外線の影響で頭皮がボロボロになっているかもしれませんよ。

 

紫外線が頭皮に降り注ぐと、頭皮では紫外線の熱によって、タンパク質と糖分が結合してカチカチになる「糖化」という現象が起こることがあります。

 

糖化が起こってしまうと、頭皮の柔軟性がなくなってしまい、頭皮の下にある血管もカチカチに硬くなってしまいます
その結果、頭皮の血行が悪化してしまい、髪の毛を作る細胞に栄養が届かなくなります。

 

この紫外線によって発生する糖化も、女性の薄毛を引き起こす原因になります。

 

 

 

女性が薄毛になる場合、その原因は次の5つのどれかに当てはまる可能性が高いです

 

・女性ホルモンのバランスの乱れ
・生活習慣の乱れ
・ストレス
・ダイエット
・頭皮のダメージ

 

まず、これらの中で、自分の薄毛がどの原因によって引き起こされているのかを把握しましょう。
原因を把握したなら、次は育毛剤選びです。
それぞれの症状によって、育毛剤に求められる働きが少しずつ変わってきます。

 

自分に合った育毛剤をしっかりと選ぶためにも、まずは薄毛の原因をしっかり把握することに力を注ぐようにしましょう

 

 

>>>マイナチュレトップページへ